Top性病について >カンジダ症



カンジダ症


カンジダ症はカンジダという真菌(カビ)が感染して引き起こされる性病です。
カンジダ菌は外陰部の皮膚に常在する菌の一つで、性行為や体調不良などで生殖器の粘膜が傷んだり、免疫力が低下すると、カンジダの増殖につながり炎症がひどくなります。


感染の原因は?

■性的感染〕
コンドームを使わない性交、オーラルセックス、性器具の共用などの性行為により粘膜感染します。

■自己感染
カンジダ菌は膣・外陰部に常在する菌で、体調不良や免疫力の低下により症状が現れます。
多汗、オムツの使用や肥満などの局所の湿潤により、カンジダ症を生じやすくなります。
健康な性成熟期の女性の場合は、性交渉、ステロイド外用剤の乱用が要因となります。
また、生理や妊娠、ピルの服用、抗生物質の濫用、糖尿病などもカンジダ症となる憎悪因子となります。


感染後の症状は?

■女性の場合
膣・外陰カンジダ症の典型的な症状は、外陰部のかゆみとおりものです。
外陰部のかゆみは、特に膣入り口周辺部に強く、激しい熱っぽさを伴うこともあります。
おりものはヨーグルト状の白色または、黄白色です。

■男性の場合
亀頭包皮炎を起こす傾向があります。
症状としては、潰れやすい小さい膿を持った発疹ができたり、かゆみや皮膚の一部がかぶれたように赤くなります。


女性向け性病検査キット

男性向け性病検査キット


posted by リコ at 19:09 | 性病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。