Top性病について >トリコモナス



トリコモナス


トリコモナス症はトリコモナスという原虫が感染して引き起こされる性病です。
トリコモナスは治療しなければ、増殖を続け、生殖器の炎症がひどくなります。
淋病同様女性は自覚症状がない場合が多く、重症になる事もあり、注意が必要です。
通常女性の膣はデーデル桿菌(膣の中に常在して乳酸を産生する良い菌)の働きにより酸性ですが、ややアルカリ側に傾く妊娠時や月経時に感染しやすいとされています。


感染の原因は?

■性的接触
性行為によって粘膜感染します。
感染者とのコンドームを使わない性交など無防備なセックスは感染の可能性があります。
女性では感染した男性あるいは感染した女性から感染しますが、男性は通常、感染した女性からのみ感染し、男性間の性交渉では通常は感染しないのが、他の性病と違う特徴です。

■その他の感染経路
ごくまれに、便器や浴槽などを介し、性交経験のない女性や乳児でも感染が見られることがあります。


感染後の症状は?

■女性の場合
典型的な症状では、外陰部のかゆみ・灼熱間と、特徴的なおりもの増加などがあります。
また、膣炎が極端な場合には性交時痛や性交不快感を訴えたり、血性のおりものが見られる場合もあります。
また、膀胱炎などの尿路感染症を合併し、排尿時痛を感じる場合もあります。
おりものの症状は特徴的で、悪臭を伴う黄色膿性のおりもの、あるいは、白色漿液(しょうえき)性(さらっとしている)のおりもので、泡を伴うのが特徴です。
しかし、症状の認められない場合も多いので、注意が必要です。

■男性の場合
トリコモナス原虫は、尿道に寄生しますので、排尿時に軽い痛みがありますが、症状に気付かないことがほとんどです。
放置すると、尿道炎や前立腺炎、バルトリン腺炎を起こすと、排尿時や入浴時に痛みが出ます。
男性の場合は感染に気づかず、他人に感染させてしまう事が多いので注意が必要です。


女性向け性病検査キット

男性向け性病検査キット


posted by リコ at 18:58 | 性病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。