Top性病について >淋病



淋病


淋病は淋菌という細菌に感染して引き起こされる性病です。
淋病は治療をしなければ、増殖を続け、生殖器の炎症がひどくなり、膿が出る場合があります。

女性は自覚症状がない場合が多く、知らずに放置して重症になることもあるので注意が必要です。
淋病は、1回の性行為で感染する確立の高い性病です。
またオーラルセックスで淋病が咽頭(のど)に同時感染する場合があります。


感染の原因は

■性的接触
主として粘膜で感染します。日常生活では性行為以外では感染する確率は低いでしょう。
コンドームを使わない性交、性器具の共用、オーラルセックスなど性行為により感染します。
オーラルセックスなどにより性器から咽頭(のど)に、咽頭(のど)から性器に感染を繰り返すこともあります。

■母子感染
産道である子宮頸管の淋菌感染が胎児に感染すると、新生児結膜炎が発症します。


感染後の症状は?

■女性の場合
おりもの異常が主な症状で、粘液性または膿性の分泌液が見られます。しかし殆どの場合、自覚症状がないため無治療でそのまま放置されることも多いようです。

放置すると子宮頸管炎が子宮内から卵管内、腹腔内にまで炎症が波及することもあり、発熱・下腹部痛・卵管や卵巣の圧痛が認められるようになります。
この様な卵管炎などは、卵管狭窄や卵管閉鎖を引き起こすこともあり、炎症によって卵管が周囲臓器と癒着すると不妊症や子宮外妊娠の原因になります。


■男性の場合
感染後2日〜9日の潜伏期間を経て、尿道炎、尿道のかゆみや熱感、排尿時の痛みなどの症状が発生します。
また、ペニスから膿が出ます。膿の性状は黄色くてドロドロしていることが多くあります。
潜伏期間が2週間以上ある場合もあるので注意が必要です。
放置すれば、前立腺炎、副睾丸炎を起こし、稀に慢性化し、関節炎、皮疹、心内膜炎などになる場合があります。



女性向け性病検査キット

男性向け性病検査キット


タグ:淋病 性病
posted by リコ at 18:31 | 性病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。